4月のとある日、関東地方は強風に見舞われて最大瞬間風速は35mとなった。洗濯物を干したら間違いなく飛ばされるという日だったが、とある住宅街の電柱に、誰かが干していたであろう物を残余氏(@hachiozin)さんがキャッチしてしまった。

 文字通り「ふとんが吹っ飛んだ」結果である。持ち主はどうして強風の日に布団を干してしまったのか…。

 こんな光景を見たら、もう「布団が吹っ飛んだ」と言うしかない。投稿を見たTwitterユーザーも「ジワジワと笑いこみあげてくる写真だな、これ・・・w 」「ダメだ、、、笑ってしまう、。ふとんが…ふっと…」と笑いを隠せなかった。

 布団が無事持ち主の元に戻ったのかは不明だが、見つけていたとしたら、その時は笑ってしまったことだろう。次回からは吹っ飛ばされないことを祈る。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!