フィギュアスケートの羽生結弦選手が2018年4月22日、彼の故郷・仙台にて凱旋パレードを行った。パレードの参加者が、仙台の街に降臨した羽生選手の勇姿をなんとかスマホやデジカメに収めようとした結果をおひろめするハッシュタグ #羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権 が盛り上がっている。その一例がこちら。

  人混みの中から写真を撮るのはカンタンなことではない。なんとかシャッターを切ったと思いきや、全身や顔どころか背中だけだったり、凱旋カーだけだったり…そんな画像が続々と集まっている。しかしどれもパレードの熱狂ぶりが伝わってくる画像ばかり。

 報道によるとパレードには10万人が集まったというから、とんでもない人混みの中で満足いく写真を撮るのは至難の業だ。しかし中には幸運にも顔がはっきりわかる状態で撮影に成功したという人もいる。

 このハッシュタグのまとめもできており「編集可能」の状態になっているので、今後も画像が増えることが予想される。不定期に更新されると思われるので、ぜひ何度かチェックしてみて欲しい。

 

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!