2018年6月18日、大阪で震度6弱の地震が発生した際、食器棚などが倒れて、長年使っていた愛着のあるものや大事にしていた食器が割れてしまって、途方に暮れている人もいるのではないだろうか。

 しかし、割れてしまった食器を「捨てないで」と投稿しているのは映像ディレクターで金継ぎ講座も行っているナカムラクニオ(6次元)(@6jigen )さん。

 「金継ぎ」とは、割れたり欠けたりした器を漆で接着し、金属の粉で装飾して仕上げる修理方法のこと。近年、金継ぎのワークショップが各地で行われており、ちょっとしたブームにもなっているようだ。金で装飾された食器が、割れる前とはまた違った趣になっているのが金継ぎの魅力のひとつだろう。

  だが、金継ぎという修復技術を知らないと「割れてしまったら捨てるしかない」と思いがちだが、Twitterユーザーの中にも震災の時に捨ててしまい、後から「金継ぎするって選択肢もあったと寂しく思うことがある」とつぶやいている人もいた。

  ナカムラさんは7月に東京で金継ぎワークショップを開催する予定で、大阪で被災された方は参加無料だそう。また、大阪で開催する予定もあるよう。詳細はナカムラさんのTwitter投稿をチェックして欲しい。

  誰かからいただいたもの、親などから受け継いだ大切な食器が割れてしまったという人はこの機会に金継ぎの技術を知ってみてはいかがだろうか。

※この記事のツイートはナカムラクニオ(6次元)(@6jigen )さんに許可をいただいて掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!