タカラトミーアーツでは7月26日に、ソーラーパワーだけで水の中を半永久的に泳ぎ続ける金魚「ひかりとみずのカラクリ金魚」を発売する。価格は4980円(税抜)。

 付属の水槽に水を入れ「金魚」を浮かべると、尾を揺らして泳ぎ始める。もちろん餌も不要。琉金と出目金の2種類があり、いつまでも眺めていられそうだ。

 金魚が泳ぐ仕組みは、本体台座についているソーラーパネルが光のエネルギーを電気に変え、台座に内蔵している回転盤を回す。その回転盤に取り付けた磁石と金魚の中に内蔵された磁石が反応して動くというものだ。

 この金魚は美術作家で金魚絵師の深堀隆介氏に造形や彩色の監修によるもの。細部まで本物の金魚に近づけるよう、リアルな見た目に徹底的にこだわって作り込んだという。

 台座と水槽の間には同梱されている2種類のデザインシートを敷くことができ、水槽の底の模様が変わることで違った雰囲気を楽しめる。また、水槽のほかお椀や陶器など自分の好みの器で泳がせることも可能。夏だけでなく一年中楽しめるインテリアとして、プレゼントしても喜ばれそうだ。

 商品の公式ホームページでは、金魚が泳ぐ様子を動画で確認できる。

「ひかりとみずのカラクリ金魚」

  • 本体サイズ:W90mm×H90mm×D143mm
  • 重さ:約178g
  • 対象年齢:15歳以上
  • 取扱い場所:全国の雑貨店、量販店、インターネット通販ほか
  • 商品ホームページ:www.takaratomy-arts.co.jp/specials/kingyorium

 

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!