イラストレーターで漫画家のぽん吉さん(@PonkichiM)が、絵を教えている学校のホワイトボードに描いたという甲冑や武者鎧のイラストが注目され、4万件以上の「いいね!」を獲得している。

 ぽん吉さんは「どんな絵でも描く題材を調べ、新しい発見を積み重ね、基礎となる知識を深め、そこで発見したことがこだわりに」なると投稿。積み重ねの賜物が、まさにこのホワイトボードに現れているのだ。

 しかし、見ている側からは思わず悲鳴が上がりそうな瞬間も。

 ホワイトボードはほかの授業でも使うため、こうして消すしかないとのことだが、それにしてもあああああーーーっ!と声が出てしまいそうだ。

 この投稿に「素晴らしいです。消すのがもったいないですね」「あの…是非プリンター機能つきホワイトボードをお使いくださいませ…」との声が集まった。絵を描く人からは「勉強用に画像が欲しい」という申し出も。

 ぽん吉さんは他にもこんなステキな「オヤジ」たちを描いていたが、これも今ごろ消されている…。

 どんな人にも、イメージだけで描かずしっかり資料を確認しながら描くことの大切さが伝わったのではないだろうか。ぽん吉さんは日頃からご自身の作品やスケッチをTwitterに投稿しているので、関心のある方はチェックしてみては。

※この記事のツイートはぽん吉(@PonkichiM)さんからの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!