モノを作る人の集中力には驚かされることばかりだが、今回もまたTwitterユーザーを驚かせる投稿が登場した。えびさわ(@ebitiri_5555)さんが大学の課題で作ったというこちらの“フルート”は、なんと水彩紙で出来たものなのだ。

 本物のフルートと並べた画像を見ると、その細かさは一目瞭然だ。指で押さえ、音を出す部分(キイ)が青からピンクのグラデーションのようになっているのがとても美しい。細かいパーツもすべて水彩紙で作られており、制作期間はなんと1週間弱とのこと。

 作品を見たTwitterユーザーからはこの投稿だけで12万件以上の「いいね!」を獲得。同時に「素晴らしい!見とれてしまいました」「プリキュアのアイテムで出そう」と作品をほめるコメントが多数集まった。

 残念ながら音は鳴らないそうだが、実際に存在したら欲しがるフルート奏者も現れそうだ。吹奏楽部でフルートを吹いているという人からも「色彩といい細部まで再現されているのが素晴らしい」というコメントがあったほどなので、楽器メーカーがえびさわさんの作品を再現する日が来るかも?

※この記事のツイートはえびさわ(@ebitiri_5555)さんからの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!