「アースノーマット」などの殺虫剤、虫ケア用品でおなじみのアース製薬では、商品開発や生態研究のために兵庫県赤穂市の研究所・飼育室にてゴキブリ100万匹、 蚊とハエ10万匹、 ダニ1億匹など、約100種類の害虫を飼育している。

 この研究所で害虫を飼育する担当者による害虫の本『きらいになれない害虫図鑑』が7月26日に発売される。

 著者は同社の飼育室で働く生物研究課の課長、有吉立さん。実は害虫に限らずすべての虫が苦手だったが、飼育するために害虫を観察して、生態を知るうちに恐怖心や偏見がなくなってきたという。ゴキブリは人を襲ってこないし、ハエや蚊も病原菌を持たなければ恐れることはないそうだ。言われてみればそうか…。

有吉立さん

害虫の飼育に奮闘する日々も描かれている

登場する害虫たち

 有吉さんが飼ってみてわかった害虫の生態を、おもしろかわいいイラストとともに紹介している。読んでいくうちにちょっとは好きになれるかも…?

『きらいになれない害虫図鑑』 概要

■著者   有吉 立(アリヨシ リツ) 
       アース製薬株式会社 研究開発本部 研究部
       研究業務推進室 生物研究課 課長。
       兵庫県出身。 都内の美術学校を卒業後、家具店店員、
       陶芸教室講師などを経て、地元赤穂のアース製薬に入社、害虫の飼育員となる。
■発売日  2018年7月26日
■販売価格 1,296円(税込)
      書店、amazon、楽天ブックスなどで購入できます。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事