裸眼では外を歩けないレベルのメガネ・コンタクトユーザーの皆さん、お風呂やサウナに入る時はどうしているだろうか。メガネやコンタクトレンズを付けたまま入浴すると、メガネは湯気や熱で劣化しやすくなり、コンタクトレンズは洗顔の時に流してしまう可能性もある。しかし、裸眼では手元や足元が見えず危険なので仕方なく付けているという人も多いのでは。

 そんな人にぴったりな「お風呂用メガネ」があると投稿したのはみりんちゃん(@Dulilanlan)さん。

 このメガネは「メガネの愛眼」で販売されているお風呂専用メガネ「FORゆ」。フレームは熱に強く、曇りにくい構造になっており、度数は近視度数4種類と老眼度数1種類のなかから選べる。価格は3240円(税込)。

 投稿者の「温泉の眺めとか全然見れなかった」「子どもを洗うのに細かいところが見えない」という言葉こそが近眼メガネユーザーのリアルな悩み。どんなにいい景色の露天風呂に入っても何も見えなくて寂しい思いをしてきた人に役立ってくれそうだ。

※この記事のツイートはみりんちゃん(@Dulilanlan)さんの許可を得て掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事