出先でトイレに入り、扉を開けたら中に先客がいた…。できれば遭遇したくない状況だが、このような尊い存在が相手なら話は別かもしれない。

 Twitterユーザーの永太郎(@HisatarouFire)さんの家族が先客と出会ったのは岩手県八幡平市にある観光施設のトイレ。写真にはトイレの中で座っている動物の姿がある。これは日本全国に生息し、天然記念物にも指定されているニホンカモシカのようだ。

 なお、このニホンカモシカは数十分後にトイレから退出したそう。投稿者の家族にもケガなどはなかった。 

 Twitter上では、この投稿に「天然記念物さまではありませんか!」「さすがに、天然記念物には場所をゆずらないとね。」など天然記念物をうやまうユーザーたちの声や、「気仙沼の街中で会った事が有ります」など東北地方を中心に、ニホンカモシカの目撃例が寄せられた。

 トイレでニホンカモシカと会えるのは幸運なことにも思える。しかし、ニホンカモシカは立派な角を持っており、近づくのは危険性をともなう。もし遭遇した場合は、刺激しないようにそっと離れるのがよいだろう。

※この記事のツイートは永太郎(@HisatarouFire)さんの許可をいただいて掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!