イラストレーターの前川さなえ(@puninpu)さんが投稿した、息子さんの夏休みの自由研究に関するツイートが4万5000件以上のいいね!を獲得している。

 その内容は「晴れの日、炎天下に駐めた車の中で生卵はゆで卵になるか?」というもの。自由研究のテーマが「太陽熱」ということからこの実験を思いついたそうで、結果として立派なゆで卵・温泉卵が出来上がっていた。

 簡易的なソーラークッカーを使い、卵は黒塗りした空き缶に水を入れたものと、アルミホイルに包んだだけのものを用意。車のダッシュボードに8時間置かれた。水の温度は50℃にまで上昇していたという。

 卵の白身は60℃、黄身は70℃で固ゆでとなるので、これが人間だったら非常に危険な暑さの中に置かれていることになる。車内に残された子どもが熱中症で命を失う事件が起きているが、こうなるのも当然だと納得できる結果だ。

   Twitterユーザーからは「すごい実験ですね!放置しちゃだめ!絶対!」「危険性が目に見えてわかる」など、実験を高く評価する声が集まった。

  自由研究のほのぼのとした内容を想像していたら、いい意味で裏切られた。前川さんのブログではお子さんと一緒に実験に取り組んだときのエピソードが漫画になっているので、こちらも合わせて読んでみては。

※この記事のツイートは前川さなえ(@puninpu)さんの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事