1995年に最初のプリクラ機が出回ってから、早20年以上が経過した。現在では、自動で目を大きくしたり美白にしてくれる最新機種がメジャーだが、そんな中、山下メロ(@inchorin) さんが投稿した1997年製のプリクラ機が話題だ。

 入れ替えの激しいプリクラ機で、ここまで古い筐体が稼働しているのはレアケースだ。その画質や音源が、レトロな雰囲気をかもし出している。

 筐体に貼られたプリクラも、この年代ならでは。当時の最新フレームも、今となっては懐かしさを覚える画質だ。とくにアラフォー世代の方には、たまらないのでは?

 これに対しTwitter上では、「生まれて初めて出来た彼女とこれで撮った」「90年代後半感があふれてて最高」など、当時を懐かしむ声が。

 レトロなプリクラ機には、多くの人の思い出やロマンが詰まっている。興味がある方は、ぜひ街中で探してみては。

※この記事のツイートは山下メロ(ファンシー絵みやげ大百科)(@inchorin)さんの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
オトメ

年増な女子大生です。ふだんは雑記ブログ(https://otome-nageyari.com/)書いたり、エッセイ(https://virgo.hatenadiary.com/)書いたりしています。

いま話題の記事