プラレールは線路を敷き、ミニチュアの電車を走らせて遊ぶものだが、じゅん(@plarail_jun2014)さんがTwitterに投稿したのは「あらかじめ線路の溝があるテーブル」の上を電車が走っているという、ちょっと珍しい様子だ。

 撮影場所は、岡山県岡山市のおかでんミュージアム。岡山市内で路面電車を走らせている岡山電気軌道の工場の一角にある施設で、プラレール好きにはたまらない場所だ。

 これらの投稿に対して、「トンネルがかわいい」「小さい子どもがいると確実に喜ぶ!」と共感する声が集まった。

 見ているだけでワクワクしてくるプラレール。じゅんさんは過去にも大阪環状線全線大阪メトロの立体路線図をプラレールで再現するなど、その魅力を発信している。興味のある人は、ぜひのぞいてみては。

※この記事のツイートはじゅん(@plarail_jun2014)さんの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
オトメ

年増な女子大生です。ふだんは雑記ブログ(https://otome-nageyari.com/)書いたり、エッセイ(https://virgo.hatenadiary.com/)書いたりしています。

いま話題の記事