タイガー魔法瓶は10月19日から21日までの3日間、土鍋炊飯ジャー「炊きたて」で炊いた土鍋ごはんのおにぎりメニューを提供する『La Donabe prezented by タイガー土鍋炊飯ジャー「炊きたて」』を東京・代官山 T-SITE GARDEN GALLERYで開催する。

「La Donabe」は、土鍋ごはんの美味しさを最大限に感じてもらうため、最も美味しい食べ方の一つであるおにぎりを「愛」と捉え、さまざまな愛の形をおにぎりで表現したレストラン。既存のおにぎりの概念を覆すビジュアルとメニュー名が話題になっている。

一般公開に先立って18日に開催されたメディア向け特別内覧会に、トゥギャッチ編集部も参加させていただいた。

もはやおにぎりを超越した前衛的おにぎりたち

「La Donabe」では7種類+裏メニュー1種の計8種類のおにぎりから、グランドメニュー1種類+裏メニュー1種類の2種類を味わうことができる。

早速、グランドメニューの7種から紹介していこう。

「やがて少年は気づく、それが一かけらの永遠だったということに」

初恋の甘く切ない気持ちを梅で表現したおにぎり。口に広がる甘酸っぱさは、はじめての恋の味というわけだ。

「ほろ苦さが教えてくれたのは、夜明けの完璧な静寂」

添えられたトレビスは、片思いの眠れない夜を過ごした夜明けの空をイメージしているそうだ。ほろ苦さが心地よく感じる、片思いの孤独というわけだ。

「満ち足りた二人だけが知っているそれぞれの秘密」

出汁で作られたゼラチンドームの中には、ポルチーニ茸とトリュフ塩で仕立てたおにぎり。ドームの中の色彩は、二人だけの世界を表している。

「刺激と癒やしが結ばれる、幸福な結婚式への参列」

幸せなピンクと可愛らしい食用花に飾られた、まさに結婚式。愛に満ちた二人の姿を象徴する一皿になっている。

「大いなる許しを受けた者たちの賑やかな饗宴」

海、森、畑の幸を集めた小さな祝祭をモチーフにしている。それぞれの個性、愛とは互いを許し合うものをイメージした立方体の世界観だ。

「その壁の向こうにあるものへの恐怖とあこがれ」

強く惹かれる思いとなにがあるかわからない恐怖。愛とは勇気であることを、隠されたフォアグラが教えてくれる。

「なにもなくてすべてがあった遠い日のおもいで」

海の幸が凝縮された味わいは、愛とは海であることを教えてくれる。おもいでという名の愛が詰まった宝物を思い出させるおにぎりだ。

試食、それは究極の「愛」を解きほぐす時間

グランドメニューの割当はランダム。サーブしてくれる皆様は、すべてのメニューをフルネームで覚えている。

編集部スタッフの席に運ばれたのは「ほろ苦さが教えてくれたのは、夜明けの完璧な静寂」だ。鮮やかなトレビスの上に載せられたおにぎりには、カラスミパウダーがふんだんにかかっている。見た目にも色彩鮮やかで楽しい。

片思いの孤独とほろ苦さを表現した一品なので、なけなしの幼稚園時代ぐらいの片思いの記憶を引き出しながら、甘酸っぱい切なさとともにいただくことにした。

そっとおにぎりを割ってみると、中からは秘めた恋のような赤い具が。ドライトマトをベースにした具は、酸味と味噌の味がふくよかだ。そうそう、歯がゆい恋の味ってこんな感じ……知らんけど。

「お米の候補はミルキークイーンとコシヒカリだったのですが、今回はおにぎりに使用するのでモチモチ感よりもシャッキリ感を優先し、金賞を受賞したコシヒカリを使用しました」(広報担当)

なるほど、シャキッとした食べごたえはおにぎりの一粒一粒に秘められた宇宙を感じさせてくれる。

土鍋ごはんを愛するすべての人に伝えたい「愛」

グランドメニューを食べ終えたテーブルに届く、もう一つの「愛」。これがLa Donabeが伝えたかった「愛」――裏メニュー「愛、そのもの」だ。

前衛的なおにぎりを味わったあとに登場する、真っ白い三角。7つの愛から一つを味わった客を愛の深淵へと導くのは、飾らない、気取らない、ただ愛情を込めて手で握った究極の「愛」だ。

土鍋で炊いたごはんの、一粒一粒の輪郭がはっきりとした“つや”。一口頬張れば、誰もが知っているシンプルな味わいの中に、食感と甘み、ほんの少しのしょっぱさが入り混じって、「ああ、おにぎりだ……」と不思議な安堵が生まれる。

愛に満ちたネーミングは、どうやって決まったのか?

今回のおにぎりのネーミングはすべて、電通の三島邦彦さんによるものだ。名付けの経緯を伺ったところ、

「愛を伝えるということで、思いを込めた勢いで一気に書きました。当初、こんなに愛に突き抜けていいのかなと思いつつも、試作ができたときに改めて変更するつもりだったんですが、あまりにも料理とマッチしていたのでそのままでいこうと」(三島さん)

そして、7つと1つの愛がおにぎりとして登場したというわけだ。

当日席を狙ってみよう

La Donabeの予約はすでに満席だが、1日10回あるコースで、各回で8席前後が当日席として確保されているそうだ。つまり1日80人弱は当日席に滑り込める。

毎日12時から代官山 T-SITE GARDEN GALLERYの特設会場前で整理券を配布するので、どうしても食べたい!!という人は早目に会場を訪れ、整理券をゲットしよう。

タイガー魔法瓶では今後もこのようなイベントを企画していく予定しているので、気になる人は特設サイトと公式ホームページをチェックしておこう。

概要

イベント名:La Donabe Presented by タイガー土鍋炊飯ジャー「炊きたて」

開催日:10月19日~21日

時間:毎日12時から21時15分まで、各回30分毎の完全入れ替え制

場所:DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY  東京都渋谷区猿楽町16−15

特設サイト:https://www.tiger.jp/campaign/ladonabe/

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
わたぬき

腹回りがゆたかなアラフォーフリーライター。食べ物の気配を感じるとテンションが上がる。

いま話題の記事