サドルや車輪に比べると目立たないかもしれないが、自転車で走る時の安全に一役買っているベル。そんな地味だけど重要なベルに焦点を当てたkakeDruMS(@kakedrums_b)さんの投稿が話題になっている。

 スプラッシュシンバルとは直径15~25㎝ほどの小さめのシンバルのこと。とはいえベルの代わりにしてはかなり存在感があるので、シンバルを鳴らしたらベルに比べて相当大きな音が出そうだ。投稿者は以前に自転車にシンバルをつけている人の投稿を見たことを思い出し、後輩にいたずらを仕掛けたとのこと。

 この投稿に対しTwitterユーザーからは「チャリンチャリーンの概念が覆される自転車」「スティック常備しなきゃあかんやつ」といった声があがった。

 ちなみにこの投稿は「ネタです笑」とのことで、実際に走行はしていないという。安全性を考えると難しいだろうが、ちょっと走る姿を見てみたいような気もする。

※この記事のツイートはkakeDruMS(@kakedrums_b)さんの許可をいただいて掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事