サスペンスドラマといって思い浮かぶのは「崖」や「高さがハンパない吊り橋」ではないだろうか。今回、それとはまた別の「サスペンスドラマでよく見かける凶器」を発掘してしまった方のツイートを紹介したい。

 投稿者のナイロン(@usoookami)さんが親戚のお宅を整頓中に出てきたのは「よくドラマとかで、思わず手にとって殴ったら殺してしまった灰皿」だった。見ているだけでドラマのワンシーンが浮かび、少し緊張してしまう。

 ツイートを見たTwitterユーザーからは「実家にある 本当にいい鈍器です」「職場の応接室にあって、目にするたびに『人を殴り殺すあれだ……』と思っています」などの反応が寄せられた。

 最近は喫煙率が減少傾向で禁煙の場所も増えているせいか、このような灰皿をオフィスなどで目にする機会は減ったが、まだまだ家の奥で眠っているというお宅は多いかもしれない。

※この記事のツイートはナイロン(@usoookami)さんの許可をいただいて掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!