美術作品は鑑賞して楽しむものが多いが、彫刻家の花房さくら(@hanafusa_sakura)さんは大学院の修了制作で「猫とハイタッチ」できる彫刻作品を作り上げた。

 作品名は「high-seven」。花房さんは見るだけでなく面白い体験ができる装置を作りたいと考え、7匹の猫とハイタッチができる作品を作った。まるで鑑賞者のハイタッチを待っているかのような表情や動きに思わず微笑ましくなる。

 このツイートに対し「猫好きにはたまらん、幸せなハイタッチ会になる」「姿勢から表情に至るまですべてが完璧に出来上がってる」と、作品の素晴らしさに感動する声が集まっている。

 花房さんは他にも猫の彫刻作品を作っており、どれも家に置いておきたくなるものばかり。2019年4月17日(水)から4月23日(火) まで、大阪の阪神梅田本店にて個展が開かれるので気になる方はチェックしてみよう。

※この記事のツイートは花房さくら(@hanafusa_sakura)さんの許可をいただいて掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!