蕎麦などの麺類や汁物にかけて味わうことが多い日本の調味料、七味唐辛子。Twitterユーザーのじゃっすー(@meow2729)さんは、この「七味」の表記についてある発見をした。

 ツイートされた七味のパッケージには、英語で『NANAMI TOGARASHI』と書かれている。日本では「しちみ」と読むのが一般的だが、実は「ななみ」が正式名称だったのだろうか。

 投稿をみたTwitterユーザーからは、「訓読みだったの?」「今年一番の衝撃」といった驚きの反応が寄せられた。

 実はこの商品、海外向けに作られた七味唐辛子なのだそう。発売元であるエスビー食品によると、海外の人は一味(いちみ)と七味(しちみ)の発音を混同してしまうためこのような表記になっているとのこと。

 なお、海外向けの七味唐辛子は使われているスパイスも日本とは一部違うようだ。その味の違いも気になるところ。

※この記事のツイートはじゃっすー(@meow2729)さんの許可をいただいて掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!