野鳥の写真をTwitterに投稿しているcs26(@cs26wf4)さん。ある日の朝、窓を開けるとサギのような鳥がとまっていることに気づき、シャッターを切った。ところが、写っていたものはサギではなかったのだ。

 そこにいたのはサギではなくただのビニール袋。鳥の頭にあたる部分は白いタオル、ビニールの形は首の長い鳥の胴体に見える。さらに黒いフェンスが鳥の脚のようになっており、偶然の一致に驚く。どれほど似ているかを、ぜひ本物のサギの写真で確認して欲しい。

 投稿を見たTwitterユーザーは「これは見間違いも仕方ない」「拡大された方の写真を見てもサギに見えて興奮してしまいました」などと言っており、納得する人が多かったようだ。

 遠くから見た時は人だと思ったら、ただのゴミ袋だった…なんて見間違いはよくあること。そんな時、詐欺にあったような気持ちにもなるが笑い飛ばすしかないだろう。

※この記事のツイートはcs26(@cs26wf4)さんの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!