昭文社×旺文社どっちがどっち!?キャンペーン   明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社

 昭文社と旺文社。どちらが旅行本の会社でしょうか? 正解は、昭文社。『MAPPLE』や『ことりっぷ』といった旅行本で有名な出版社。

 旺文社は、『螢雪時代』やターゲットシリーズなどの教育本が有名な会社。受験のときに、お世話になった人も多いのではないだろうか。

 今回、そのややこしさを逆手にとり、昭文社と旺文社でキャンペーンを実施している。一見、どっちがどっちかわからなくなる字面。Twitter上でもよく間違われたようで、過去にもまとめがあがっていた。

 旺文社の社内では、ややこしすぎてこんな伝説まで。

 昭文社でも、こんなことが。

 ほかの会社でも、似た社名との間違われることはたびたびあるようで、六法全書で有名な有斐閣も。

 ちなみに雄山閣は、学術専門図書出版社である。

 ほかにもある企業名の間違われ…。ぜひ、まとめをチェックしてみてください。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事