001

こんにちは。ヨッピーです。

32歳1人暮らし、無職の独身です。

 

 002

独身1人暮らし、となると毎日の食事は「ほぼ外食」となることは必然でありまして、

おかげさまで毎日毎日、松屋松屋吉野家松屋ガスト、みたいな食生活を送っております。

1人暮らしを初めて10年になりますが、いまだにまともに料理が作れません。

 

 003

※死んだ魚のような目でインターネットをする僕

結婚できる気配などまったくありません。

しかしながら「料理男子はモテる」みたいなことはよく聞くので、「せめて料理でもうまくなれば、嫁さんが来てくれるかも知れない」なんてことを妄想する日々。

しかし、それと同時に「こんな風に、家でゴロゴロ寝転がってインターネットをやっている豚みたいな人間、言わば豚人(ぶたじん)であるところの僕に、料理なんて上手にできるわけがない。豚は豚らしく家で引きこもってインターネットやるべき」と思い返し、すぐさま「発言小町」を開いてトピ主を煽る日々を送っております。

そんな僕がTwitterをしていると、気になるツイートを発見しました。

なに!? お家で喫茶店のホットケーキを作れるだと…!?

これや!! これやんけ!!

たとえば、僕の家に女性が来たときに、僕がパパッと喫茶店の味のホットケーキを焼いたとしましょう。

僕「ほら、タエちゃん(※仮名)ホットケーキが焼けたよ♪」

タエ「え!? ヨッピーさんが焼いたの!? スゴーイ! おいしい~! まるで喫茶店のホットケーキみたい!」

僕「フフフ。たくさんお食べ」

タエ「やだ…でもなんか、ヨッピーさんのホットケーキ食べてたら、なんか股間が熱くなって来たかも…イヤァァァァァァアアアアアアアアアア!!!!!!!!」

僕「これが本当の、ホット性器じゃあああああああああああああああああああああ!!!!!!」

タエ「ジーザス!! 懐かしい風味とメイプルシロップの香りが、悠久の歴史を感じさせよるでぇぇぇええええ~~~~!!!!!」

みたいな展開があるかも知れない!!

 

まあ、そんなことはどうでもいいです。

とりあえずこの、「みりんと溶かしバターを足すだけで、喫茶店のホットケーキの味」っていうのがにわかには信じがたいので、実際に作ってみました。

 

004

左が分量通りにホットケーキミックス、卵、牛乳を入れたもの。

右が溶かしバターとみりんを加えたもの。

ボウルではなく片手鍋で作っているところで、僕の料理の腕前を察していただければ光栄です。

 

 005

そして、これが混ぜあわせたあとの写真。

左がサラッとしてるのに、右が少しドロドロした感じですね。

おお…! すでに違いがでている…!

 

006

そしてこれが焼き上がり。

おー! なんか右のホットケーキの方が、確かに喫茶店のホットケーキっぽい!

大さじ一杯のバターとみりんでここまで変わるのか…!

 

007

断面図。

左のホットケーキの方は空気の穴があってスカスカなのに、右のホットケーキの方はふんわり弾力があって厚みがありますね。

 

008

さっそく食べてみる。

おおーー! すげーーー!

マジで喫茶店のホットケーキだ!

どういう理屈でこうなるんだろう…!

右のホットケーキは弾力がある。外はカリッとしてるのに中はふわふわで、全然味が違う!

やばい! モテるわー!!

このホットケーキが作れたら、100パーモテるわー!!

囲まれる!! 女子に囲まれよるでぇ~~~!!

こらこら順番~~~!! 順番に並んでぇ~~~!!

ホットケーキはたくさんあるから、順番に並んでちょ~~~~!!!!

 

009

※1人で全部食べました。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事