昨年6月に世界遺産に登録された群馬県・富岡製糸場付近で販売されている、絹にちなんだお菓子が食べづらいと話題になっている。

 このように絹の生産には欠かせない蚕の形を模した菓子になっている。リアルに作られており、虫が嫌いな人は見るだけでもイヤかも…。

 この蚕のお菓子は、世界遺産に登録される以前から販売されているようだ。人を選びそうだが、インパクトが強過ぎてつい買ってしまうおみやげなのかも…。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事