先日、Twitter上で話題となり、当媒体でもご紹介した北海道の名菓子店「六花亭」のスイーツを覚えているだろうか。

 同店を代表する「マルセイバターサンド」から生まれたアイスデザート「マルセイアイスサンド」だ。

 帯広本店と札幌本店でしか購入できないご当地グルメだが、今回運よく編集部で実物を入手することができたので、実食レポートをお届けしよう。

 

IMG_1509_R

 アイスサンドは白いパラフィン紙に包まれている。取り出してみると…、

 

IMG_1517_R

「マルセイアイスサンド」(200円)

 

IMG_1526_R

 中から現れたのは、約4センチ四方の小ぶりなアイス。ちょうど2つ合わせて、バターサンドのサイズになるくらいの一口サイズだ。

 バターサンドよりもビスケット生地は薄く、3枚でアイスクリーム部分を挟み込んでいる。その間に挟まった2層のアイスには、ラムレーズンがぎっしり! 冷えて固まっている状態でも、食べやすい構造にしてあるようだ。

 

20150830091315_R

 「では、いただきます!」

 

20150830090908_R

 「うま~~~~~!!」

 冷たい分、クリームの甘さは控えめに感じるが、口の中で溶け出すと徐々に濃厚なバターの風味が…。また、ビスケット生地はしっとりしていたが、購入後すぐ食べれば、もっとサクサク感があるのかもしれない。

 

11872289_1022841181079448_158863250903798911_o

 ちなみに、「バターサンドを冷凍すれば、同じ味になるのでは?」と思い、試してみた。

 こちらもおいしいのだが、少々クリームが固くなりすぎた印象。溶けた時の舌触りのなめらかさも、アイスサンドに軍配が上がる。

 アイスサンドを食べ終えた感想は「大人買いして、満腹になるまで食べたいほどうまい」。こんなにおいしいスイーツをいつでも買いに行ける札幌&帯広市民のみなさんが心底うらやましい…。

 このほかにも、”賞味期限3時間”の「さくさくパイ」など、六花亭の本店限定メニューがあり、スイーツ好きを虜にしている。

 六花亭に問い合わせたところ、「マルセイアイスサンド」の販売終了時期は未定とのこと。バターサンドファンの方は、ぜひ北海道にぜひ足を運んで味わってみてほしい。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事