激辛好きの間で親しまれているラーメン店「蒙古タンメン中本」をご存じだろうか。セブンイレブンでも同店のカップラーメンが販売されているが、興味本位で手を出して痛い目を見た人も少なくないだろう。

 そんな方々にも耳よりなアレンジレシピが、Twitter上で注目を浴びている。

 それは、「蒙古タンメン」にチーズを入れるというもの。

 さらに、上記の投稿者はチーズトッピングにさらにアレンジを加え、温泉卵もプラス。辛さを緩和してくれるだけでなく「化け物級の中毒フード」と評している。これはおいしそう!

 というわけで、さっそくトゥギャッチ編集部でも食べてみることにした。

 

IMG_7949_R

 材料はこちら。「蒙古タンメン中本 辛旨味噌タンメン」(204円)と「北海道カマンベール入り クリーミー6Pチーズ」(203円)、そして「トッピング用 温泉たまご」(51円)の3つだ。すべてセブンイレブンで手に入る。

 

IMG_7956_R

 お湯を注いで待つこと5分。付属の「辛味オイル」を加えると、その赤さにびっくりしてしまう。

 

IMG_7966_R

 そこにチーズをイン! 筆者は辛いものに耐性があるため、今回は6ピースのうち2つだけトッピングしてみた。

 ちなみに、チーズを包むアルミ箔を剥がすのに少し手間取ってしまうかもしれないので、麺が伸びないようにあらかじめ準備しておくとよいかもしれない。

 

IMG_7974_R

 さらに、温泉卵をトッピングして完成! 熱々のスープにチーズが徐々に溶け出してきたところで、さっそくいただきます!

 

IMG_8032_R

 「うまい!」

 

IMG_7983_R

 麺にチーズと卵がしっかりと絡んで、予想以上の濃厚さ。通常では次の一箸に躊躇するレベルの辛さが、かなり和らいだ印象を受けた。とはいえ、中本の持ち味である唐辛子のうまみも後からしっかりと追いかけてくる。確かにかなりジャンキーな味で、これはハマってしまいそう…。

 

IMG_8050_R

 続いて、中本が苦手という同僚にもチャレンジしてもらう。

 

IMG_8046_R

 一口食べてこの表情! だが、やはりまだ少し辛かったようで、この後さらに“追いチーズ”と称して、3つ目のチーズを投入していた。

 スタンダードな「蒙古タンメン」やさらに上級レベルの「北極ラーメン」を愛する中本ファンには、このマイルドさは少々物足りないかもしれないが、刺激物から胃腸をいたわりたいときや気分転換の際に試してみるのもオススメだ。

 

IMG_8055_R

 ただし、油断するとむせるくらい辛いのでご注意を。

 

IMG_7972_R

 中本ビギナーにぴったりの簡単アレンジ。一食あたり350円前後で満足感も得られるので、ランチや夜食に試してみていただきたい。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!
中道薫

1987年生まれ。編集プロダクションノオト所属の編集者・ライター。三大欲求からネタを考えるトゥギャッチ編集部員。TwitterIDは@nakamichikaworu