トイレで見かける、男性と女性を区別するためのピクトグラム。男性は青色、女性は赤色でスカートを履いた姿など、一目でわかるマークになっていることが多い。

 現在Twitter上では、一風変わったトイレマークが話題となっている。

 投稿者がドイツの映画館で見かけたという、こちらのマーク。よく見てみると、左手の画像には胸の辺りに2つの突起があり、右手の画像には、股間に少し長めの突起が付いている。おわかりいただけただろうか?

 慌ててトイレに駆け込む様子なのか、2枚並べると、男女が追いかけっこしているようにも見える。見れば見るほど不思議なトイレマークだ…。

 投稿者はこのマークについて「わかりやすい」と感じたようだが、一部のTwitterユーザーからは「わかるとおもしろいけど、わかりづらい」「ナスカの地上絵かと思った」などの声も。受け取り方は人それぞれのようだ。

 また、別のユーザーからは「パリにもユニークなトイレマークがあった」との情報が寄せられた。こちらの女性用マークは点と線を縦に並べたもの、男性用は1本の棒の下に点が2つ。これらが何を意味しているかは、想像におまかせしたい。

 なお、冒頭のドイツのトイレマークの投稿者・うすいさん(@usui_y)は、ドイツ滞在中の体験記をまとめたエッセイマンガ『ドイツの北の果てに来ています。』をTwitter上で公開している。さまざまなカルチャーショックが味わえる内容となっているので、気になる方はぜひチェックしてみよう。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事