さまざまな商品が安価に調達できる100円ショップ。DIYやコスプレグッズの材料として活用する人も少なくない。これまでにトゥギャッチでも、ネイルチップを使った、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のイモータン・ジョーのマスク水回り用品でできた衣装などをご紹介してきた。

 そんななか現在Twitter上では、コスプレグッズを中心に100円ショップの商品を活用した作品が、ハッシュタグ「#百均のグッズ間違った使い方選手権」とともに、数多く投稿されている。その一部をご覧いただこう。

 ゴミ箱で作った「刀剣乱舞」のキャラクター・加州清光の籠手(かごて)や、ホースとクラッカーで『遊☆戯☆王』の千年パズルのほか、ネイルチップの鱗や梱包材の羽根といった汎用性の高いものまで、100円グッズで作られたとは思えない力作が並んでいる。

 費用がかかると思われがちなコスプレも、工夫次第でコストを抑えることができるようだ。コスプレイヤーの方は、このハッシュタグをチェックして参考にしてみては?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!