ネット上でよく目にするバナー広告。そのデザインには、ユーザーが興味をそそられてクリックしたくなるような工夫が詰め込まれている。

 現在Twitter上では、ソーシャルゲームのバナー広告に見る、ターゲットの違いを的確に捉えたイラストが話題となっている。

 投稿者によれば、男性向けのソシャゲの広告は、キャラクターのおっぱいや下半身のアップ、「私を……使ってください」といった意味深なセリフが多いのに対して、女性向けは、キャラの顔や演じている声優名を強調したもの、「俺が好きなんだろ」などの強気な一言が添えられているという。

 確かに、こんなバナー広告を見かけるような…。こうしてみると、興味を引かれるポイントには男女で差があるとわかる。

 一方で、「男性向けゲームでも、声優名を大きく打ち出しているものが多い」という意見も。また、投稿者は「男性向け広告は、全身イラストで衣装のかわいらしさがわかるパターンもあってうらやましい」とも。

 Twitterユーザーもこうした広告を目にする機会が多いのか、「めっちゃわかる」「どちらにも釣られる」という声が寄せられた。また、実際にこういった広告を作っているというユーザーからは「クライアントからの指示はほとんどこれ」だという。クリックされる率が高いデザインの型として、定番になっているのかもしれない。

 ちなみに、女性向け広告を男性向け風にアレンジしたのがこちら。これはこれで、一部には熱狂的な需要を生むかも?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事