近年はCDで音楽を買うユーザーは減っているものの、好きなアーティストだけは手元に置きたい…という人もいるだろう。その際に悩むのが、CDの帯を捨てるか一緒に保管するかだ。

 現在Twitter上では、そんな“CDの帯を捨てられない派”たちが、保存方法を披露している。その一部をご紹介しよう。

 上記のように、歌詞カードの収納部分に一緒に入れておくのが最もスタンダードなのではないだろうか? また、その派生形として歌詞カード自体に挟み込む人も。

 また、一旦ケースをばらして、裏ジャケットの収納部分に入れるという声も多く見られた。

 そのほか、「シールが貼ってある包装フィルムにも価値があると考えて、丸ごと戻して保管する」「三方背BOX仕様の場合、口の面だけフィルムをカッターナイフでくり抜く」「CDケースの背に貼り付ける」など、こだわりを感じる保管方法も寄せられている。

 CD帯は保管する派の方は、参考にしてみてはいかがだろうか?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!