とんかつやカキフライなど揚げ物料理に添えられる「千切りキャベツ」。揚げ物の油っぽさを解消できる箸休めになり、主役を引き立てる名脇役の印象が強いだろう。

 現在Twitter上では、千切りキャベツが主役級になるレシピが話題になっている。

 投稿者が紹介する「無限湯通し千切りキャベツ」の作り方は以下の通り。

 1)4分の1玉の千切りキャベツをザルに入れ、熱湯をかける。すると、シャキシャキした食感と、しっとりした食感が混在する不思議な千切りキャベツになるという。

 2)1で作った千切りキャベツに、釜揚げしらす25グラムと、味の素少々、ゴマ油を大さじ1杯強を加える。

 3)強めに塩コショウで味をつければ、完成。

 これで無限に食べられそうな病みつきメニューが作れるそう。あまりのおいしさに投稿者も「無限に味見をしている」とコメント。

 これに対して、実践してみたというTwitterユーザーが続出。「ビールが進む」という声のほか「しらすを桜えびで代用してもおいしい」「パスタにしてもおいしかった」などアレンジする人も。

 夜食のおつまみにもよさそうな無限湯通し千切りキャベツ。冷蔵庫の中にキャベツがあったら作ってみてはいかが?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!