お弁当やおつまみにも使われるランチョンミートの缶詰「SPAM(スパム)」。さまざまな食材との相性がよく、アレンジレシピも多い。

 現在Twitter上では、人気の「スパムにぎり」の“本当の作り方”が注目されている。

 投稿者が沖縄出身の同僚から教えてもらったスパムにぎりの作り方がこちら。

 まず、スパムの缶にラップを敷き、形が崩れないようにギュッとご飯を詰めるのがポイント。続いて、ご飯の上に砂糖のみを入れた薄焼き卵と焼いたスパムを乗せ、海苔で巻けば完成だ。

 投稿者も「これがスパムにぎりの正しい作り方なのか」と衝撃を受けたという。

 そのほか、卵1個に対して砂糖は小さじ1杯だとスパムの塩辛さとマッチするそう。また、マヨネーズを加えるのもおいしいようだ。

 Twitterユーザーからは、「コンビネーションが最高」、「ハムと大差無いと思って食べたら、超おいしかった」と絶賛する声のほか、ケチャップを入れたり、スパム丼にしたりといったアレンジの提案も寄せられた。

 このツイートを見て、食べたくなった人も多いのではないだろうか。ぜひスパムを手に入れて試してほしい。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!