ホラー映画などで頻繁に用いられる鏡。向こう側から何かが出てきたり、反対にこちらが引き込まれてしまうといった演出は、お約束のパターンだろう。

 現在Twitter上では、そんな恐ろしい光景が再現できそうな鏡が反響を呼んでいる。

 先日、東京大学で開催された「東京大学制作展」で注目されていたのは「ミラーレスミラー」と呼ばれる作品。鏡を触れようとしても触れられず、そのまま闇の中に手が引きずり込まれてしまいそうに…。映画のなかの世界に迷いこんでしまったかのような不思議な感覚だ。

 Twitterユーザーからは「鏡の国のアリス」にたとえる声や「ゲームだと何かアイテムが拾えそう」「お化粧する時とかに指紋が付かなくて素敵」などの意見が寄せられた。

 どのような仕組みなのか詳しくはわからないが、映画やゲームなどさまざまな分野に応用できるのではないだろうか。将来的にどんな方面で役立っていくのか、とても楽しみだ。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!