全国各地に設置されている自動販売機。飲み物を買うため、毎日のように利用している人も少なくないだろう。

 現在Twitter上では、そんな自動販売機をテーマにしたアプリが注目されている。

 「無限に遊べる」と投稿者が紹介するのは「ぼくもできる 自動販売機」。自動販売機で飲み物を買う体験ができるという、子ども向けの知育アプリで、お金を入れる、ボタンを押す、商品を取り出す、お釣りを出すといった動作をアプリ上で行うことができる。

 Twitterユーザーからは「このアプリを無心で10分間遊んだことがある」「パチンコみたい」「子どもがこれを見て死ぬほど笑ってる」という声が上がった。

 子ども向け知育アプリとはいえ、しっかりとした作り込みだと投稿者。投入した金額に応じてランプが光ったり、レバーにタッチすることでお釣りが出てきたり、ゴミ箱にタッチして購入した飲み物を捨てられたりと、意外と細かく作られているようだ。

 なお、このアプリは「ぼくもできる」シリーズの一環で、ほかにも「バスの停車ボタン」「回転寿司」「エレベーター」が体験できるアプリも配信されているようだ。

 気になったら、インストールしてみてはいかがだろうか?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!