おっとりとした表情や動きで私たちを癒やしてくれるカピバラ。非常に穏やかな性格で、多くの人間に愛される存在だ。

 現在Twitter上では、そんなカピバラの究極の癒しシーンが注目されている。

 紹介されたのは、秋田県の「秋田市大森山動物園」で完成したというカピバラ用のお風呂。カピバラ写真家として活動する渡辺克仁さん(@capybarahp)によると、カピバラたちは肌がピンクになるほど満喫しているという。高低差がある打たせ湯は、取り合いになることもあるそうだ。

 Twitterユーザーからは「実家のそばで、カピバラの入浴が拝めるようになったのは奇跡」「次に生まれ変わるときはカピバラになりたい」「手前の子のくつろぎっぷりが半端ない」という声が寄せられた。

 同動物園は、12月1日より1月5日まで休園中。年明けに秋田県に行く予定がある人は、ぜひカピバラの入浴姿を見て、癒されてみてはいかがだろうか?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!