子どもの頃、欲しいものを買うために貯金箱でお金をためていた人はどれだけいるだろうか。いくらになったのか、確認するときのワクワク感は忘れがたいものだ。

 現在Twitter上では、あるものをためるユニークな貯金(?)が話題となっている。

 名付けて「ハッピー貯金」。瓶の中には無数の紙が見えるが、これはうれしいことや楽しいことがあったときに、そのできごとを書いたもの。

 年末に開封して、1年間にあった喜びを思い出すという素敵な儀式を実施しているようだ。

 瓶に入れた紙を重ねた結果、1年分でかなりの高さになったという。小さなできことも書いたことで、モリモリたまったとのこと。

 投稿者いわく続けるためのコツとしては、意外とたまるので大きめの容器に入れること、自分のいる場所からよく見えるところに置くことを挙げている。

 今年1年間を楽しく過ごすためにも、試してみてはいかがだろうか。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事