アニプレックスが提供しているスマートフォンゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」の舞台化が決定した。上演は8月24日から、会場はTBS赤坂ACTシアター(東京都港区)。

 このゲームはファンタジー作品としては異色とされた『魔法少女まどか☆マギカ』の世界観を体感できるRPGで、主人公「環いろは」と共に新たな舞台「神浜市」で物語を進める。キャラクター原案には蒼樹うめ氏など、原作を手がけたスタッフとキャスト陣が集結した。舞台ではゲーム内の話の中心となる「メインストーリー」を軸とした物語が上演される。

 出演は、けやき坂46のメンバー約10名と、ほぼ同数のメンバー以外の俳優陣演出には『ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」』など2.5次元作品や、ミュージカル『アメリ』などの演出でも注目される児玉明子。脚本はSFファンタジー作品の作・演出でも定評のある畑雅文が、ゲームストーリーを元にしたオリジナル作品を書き下ろす。

 チケットの販売開始時期など詳細は公式サイトの情報を確認して欲しい。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」公演概要

原作: Magica Quartet

演出: 児玉明子

脚本: 畑 雅文

出演: けやき坂46メンバー ほか、メンバー以外のキャスト

日程: 2018年8月24日(金)~9月9日(日)

会場: TBS赤坂ACTシアター

チケット: 詳細近日発表

主催: 舞台「マギアレコード」製作委員会

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!