自分が訪れた神社仏閣へのお参りの記録を投稿できるサービス「ホトカミ」(@hoto_kami)が、「神さまマップ」をリリースした。マップを見たTwitterユーザーからは「面白そう」と話題になっている。

 「神さまマップ」は天照大神、菅原道真、スサノオノミコトなど8名の神様が祀られている神社が、日本のどの地域に存在するのか地図上で確認できる。すると、例えば天照大神が祀られた神社は日本海側に多い…というように、地域ごとの特徴が見えてくる。

 マップを見たTwitterユーザーからは「これは面白い」「神話の勉強がはかどります!」と好評価の感想が寄せられた。

 さらにホトカミではお寺の宗派別の分布がわかる「寺院宗派マップ」と御本尊の仏様の分布がわかる「仏さまマップ」も公開した。「寺院宗派マップ」は日蓮宗や天台宗など9種の宗派を、「仏さまマップ」は阿弥陀如来や釈迦如来など7名の仏様がどの地域に多く存在するのかを地図上で確認できる。

 「ホトカミ」は神社やお寺に興味がある人たちをターゲットにした情報共有の場で、神社やお寺に興味を持って参拝する人を増やしていくことを目的としているという。

 まずは地元の神社やお寺について確認してみてはどうだろう。これまで以上に興味を持って参拝できそうだ。

※この記事のツイートは「ホトカミ」(@hoto_kami)の許可を得て掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事