街中でよく見かける「こども飛び出し注意」などの看板。通常の看板は何に注意するべきか一目でわかるものばかりだが、「いったい何に注意すればいいのかわからない」看板が千葉県で目撃された。

 この看板を見つけたのはスズナ(@suzunaaandy)さん。千葉県匝瑳市松山にある松山庭園美術館に向かう途中に多数あったそう。田んぼのあぜ道や山沿いの細道にある様子は異世界のようだったという。

 この写真を見たTwitterユーザーからは「なんなのかわからなすぎて怖い」「これ夜になると板から実体化するやつ」などの声が上がった。また、「赤猫ってことは放火に注意?」「妖怪すねこすりでは」と正体を考察する人も。

 スズナさんによれば松山庭園美術館には猫テーマの美術品や絵画などが多数展示されており、里親募集を行っている仔猫カフェもあるそう。秘教のような美術館で、道中も楽しめるようだ。また同じ松山にある「はるかふぇ」というかき氷やさんもオススメらしい。

 何への注意喚起をしている看板なのか正体は謎のままだが、実物を見てみたい人は松山庭園美術館を訪れてみては。帰りにはぜひかき氷屋さんで涼んで行こう。

※この記事のツイートはスズナ(@suzunaaandy)さんに許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!