突然ですが、無印良品にはレトルトカレーの種類がめちゃくちゃたくさんあるって知ってましたか?
2018年8月現在、なんと約30種類ものレトルトカレーがあるんです。

なんでそんなに作っちゃったのかというと、開発担当の方がインドに出張しリサーチを行うなどしてガチのカレーを作り続けた結果、30種類を超えるカレーたちが出来上がったのだとか。

というわけで、買ってきました。

001

無印の店舗に置いてあったカレー全部買ってきた(後にもう2種類買い足して33種類)

001

圧巻である

売っていたものを全部買って、合計金額は約1万円。ちょっと贅沢な気持ちになりたいときや、カレー好きなあの人へのプレゼントにちょうど良さそうな金額です。

001

長すぎるレシート

「無印カレーンダー」始動!

トゥギャッチ編集部では、このレトルトカレー全種類を毎日1食、約1ヶ月かけてすべて食べるという夢のような企画「無印カレーンダー」を行いました。

001

カレーのカレンダー、略して「無印カレーンダー」の誕生

購入した33種類の食レポ詳細はツイートまとめをご覧ください。
始まる前は途方もなく思えましたが、すべてに個性があり、そしてすべてがおいしかったので幸せな1ヶ月を送ることができました。

どれが一番おいしいの?

001

さて、この企画を見た方が気になるであろう点。

「で、結局どれが一番おいしかったの???」

…当然ながら、食べ物の味というのは個人の好みに大きく左右されます。ましてや無印良品のレトルトカレーはどれもこれもレベルが高すぎて、正直「全部おいしかった」としか言いようがありません。
とはいえ、試食した複数人全員が「これは…!」となったものがあるのも事実。それらの中から、編集部的ベスト3を決めるべくラップバトルが繰り広げられるなどの大激論が交わされた結果、決まったのがこちら。

【発表!トゥギャッチ編集部的ベスト3はこれだ!】

1位:グリーン

青唐辛子の辛さとココナッツのコクがベストマッチしたタイカレー。(税込350円)

001

エスニックを求めて手にとった人を必ず満足させるに違いないタイカレー。マニアの間で人気があるのも納得。タイ人のいる店で食べたときと同じ感覚がわずか350円(税込)で得られる衝撃があります
無印カレーらしさ×完成度×満足度でいうとグリーンが1位だと思います。正解って感じの存在です
ココナッツのいい匂いが好きでした
辛くて美味しいから

 

2位:ジンジャードライキーマ

2018年7月末新発売の最新作。牛ひき肉と生姜のドライカレー。(税込350円)

001

名前だけでは正直特別なものを感じませんでしたが、食べた瞬間、大変なスターが誕生したと思いました。スパイスもジンジャーも一気に襲ってきて身体の芯から温めにくる。”辛いカレーこそ至高”とする民を満足させてくれるはず
どえらいもん出してくれたな。という感じです。まさかの番狂わせ。すべてのステータスがMAXで、綺麗な六角形になってます
レトルトでこのクオリティはすごい。安っぽさが全然ない
辛くて美味しいから

 

3位:ごろり牛肉のスパイシーカレー

味噌やコーヒーなどが隠し味に入った、濃厚な牛肉のカレー。(税込490円)

001

欧風でもなくインド系でもない、その中間地点を求める全日本人のためのカレー。スパイスが身体を癒やしてくれます
カレーってどうしてもエスニック系が持て囃されがちなんですけど、結局みんなが一番好きな“家庭のカレー”を究極まで高めるとこんな感じになるんだと思います
脂のパンチと味の濃さがずっしり来て最高!
辛くて美味しいから

 

他にも候補はいっぱいあった

惜しくも3位には残らなかったものの、入ってもおかしくないというか、むしろ1位でもいいだろ。という候補は以下の通り。

  • チキンシャクティ・・・「シャクシャク感がめちゃくちゃ好き、でもファンはそんな多くなさそうで推せる…と思いきや、この前無印に行ったら結構売れててショックでした。僕だけのチキシャクちゃんでいてほしい
  • マッサマン・・・タイカレーはグリーンとイエローだけではないと思い知らされる一品。ココナツの甘さが辛味を穏やかにしつつ、けして味を邪魔していません」
  • サグチキン・・・無印カレーでインドを知りたいなら手を付けるべき。日本人にとっては見た目の色に驚かされるが、味もスパイス配分もインド人が作るサグカレーそのものです」
  • 3種の唐辛子とチキン・・・辛くて美味しいから

 

開発者さんのおすすめが知りたい

001

ところで、おそらくものすごくたくさんのカレーを食べているであろう、無印のカレー開発者さんが好きな商品ってどれだろう?そっちの方が気になる。

というわけで、聞いてきました。

【無印良品レトルトカレー担当者が個人的にオススメするレトルトカレーベスト3】

今回ご回答いただいたのは、株式会社良品計画で現在カレー開発を担当している方。冒頭で説明した「30種類以上のカレーを開発した担当者」さんの後を引き継いで担当になり、先ほど絶賛されていたジンジャードライキーマを開発したという、ものすごい才能の持ち主です。
なお、会社としてのベスト3ではなく、あくまで「個人的に」おすすめするカレーですのでその点はご注意ください。

レトルトカレー開発担当の方が個人的におすすめするレトルトカレーベスト3を教えてください!

1位:ジンジャードライキーマ

2位:小さめカレーシリーズ

3位:サグチキン

 

各カレーをベスト3に選んだ理由をお聞かせください。

1位:ジンジャードライキーマ

編集部のベスト3にも登場した新発売のカレー。(税込350円)

001

牛肉の旨みと生姜の爽やかな風味がきいたこのカレーは、ごはんとの相性はもちろんのこと、パンとの相性も抜群です。また、ドライタイプで濃厚な味わいなので、豆腐や野菜など色々な食材に乗せてアレンジ料理を楽しむことができます。レトルトでありながら料理の幅も広げられる汎用性の高いアイテムです。

 

2位:小さめカレーシリーズ

「バターチキン」「キーマ」「プラウンモイリー」など数種類が90gの小さめサイズになっているシリーズ。(税込190〜250円)

001

小さめサイズで設計したこのカレーは、様々な食のスタイルに合わせて食べていただけるシリーズです。ちょっとだけ食べたい時、たくさん色々な種類を食べたい、いわゆる「あいがけ」を楽しみたい時など、小さいからこそ気分や状況に合わせて食べられます。
小さいお子様から大人まで食べていただけるようなラインナップで展開しています。

 

3位:サグチキン

ほうれん草・ケール・小松菜とチキンを煮込んだ本格的なインドカレー。(税込490円)

001

インドカレーの中でも人気が高いほうれん草などを使った青菜のカレー。無印良品のサグチキンは、ほうれん草、ケール、小松菜を使った濃厚な仕あがりとなっています。青菜の程よい苦みとチキンの旨みがあいまった深い味わいとなっており、特にナンとよく合います。レトルトとは思えない本格的な一品です。

 

レトルトカレーを開発する際にこだわっている点はありますか?

001

無印良品のカレーの開発において、「現地に学ぶ」ということをコンセプトの一つとしていますが、現地の味そのままが必ずしもお客様に喜ばれるとは限らない為、いかに本場の良い部分を取り入れ、工夫をしながら多くの方に支持されるものにしていくかというところにこだわってものづくりをしています。

 

開発者の思いはちゃんと伝わっている

001

「小さめカレーシリーズ」のなかで特にどれがいいかというのも聞きたいところでしたが、編集部でも評価の高かった「ジンジャードライキーマ」「サグチキン」が挙げられていて嬉しくなりました。また、「いかに本場の良い部分を取り入れ、工夫をしながら多くの方に支持されるものにしていくか」というのは食べ進めていく中でも強く感じる部分でした。本場のエスニックカレーは、もっとクセがあったり過激な味だったりするのですが、その良さをうまくレトルトに落とし込んで、無印良品のお客さんに知ってもらいたい、という気持ちが強く感じられるカレーばかりでした。

無印良品オフィシャルサイト

 

「無限カレーセット」などが当たるキャンペーン開催中!

ただいま「電柱の写真を撮ってツイートするだけで豪華景品が当たる」ゆる〜〜〜いキャンペーンを開催中!景品の中にはこの記事を見てカレーが食べたくなった人にうってつけの「無限カレーセット」も。是非参加してくださいね。詳しくはこちら

 

これからもみんなが気になっていることを調べていきます!

トゥギャッチ編集部ではこれからも、みなさんの気になる疑問をどんどん解決していきたいと考えています。
これを試してみて欲しい!これって本当なの?など、知りたいことがあったらぜひタレコミフォームからご連絡ください。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!