麻婆豆腐の材料といえば鶏ガラスープと花椒・豆板醤・赤唐辛子といったところだが、よりスパイシーな麻婆豆腐を味わいたいなら、このレシピがピッタリかもしれない。大刀・ザ・ヒュージザンバー (@DAIGATANA)さんがTwitterに投稿した「新時代の麻婆豆腐」がとても美味しそうと評判だ。

 スパイスにはにんにくやしょうがのほか、カレーに使われるクミンなども投入されている。これらのスパイスを、レンズ豆と合わせてペーストにしている点、普通の麻婆豆腐の作り方とは少し違う。

 ここで通常あまりお見かけしないハーブが登場する。

 「カレーリーフ」とは南インドやスリランカのカレーに使われているハーブだ。乾燥されたものならスパイス店で売られているが、生のカレーリーフは苗を入手して育てる必要があるので、作り手の徹底ぶりを感じる。

 最終的に出来上がった「インド麻婆カレー」はこちら。麻婆豆腐とインドカレー、両方の風味が楽しめそうだ。

 この猛暑続きでは料理を作る気にもなれなかったが、ようやく秋も近づき涼しくなってきた。Togetterにもまとめが作られており、こちらを見れば作り方が一覧できるので、スパイスの利いた料理に挑戦してみては。

※この記事のツイートは大刀・ザ・ヒュージザンバー (@DAIGATANA)さんの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事