ゲームやマンガに登場する料理を、実際に食べてみたいと思ったことがある人も多いだろう。真楠ヨウ@子育て陰陽師/ウルクの民(@yomakusu)さんもその一人だ。

 真楠さんが再現したのは、古代メソポタミア文明の都市・ウルクで食べられていたというバターケーキ。人気ゲーム「「Fate/Grand Order」にも登場する。メソポタミア文明の料理について研究している書籍『最古の料理』に掲載されていたレシピを参考に、作りやすいように投稿者がアレンジしたとのこと。

 真楠さんいわく「罪の味がする!!!」「高級な昔の洋菓子店とかにありそう」とのこと。バターが201グラムも投入されているだけあり、カロリーが心配になるが、相当な美味しさのようだ。

 完成したバターを見たTwitterユーザーからは「今時流行りの手作りバター使っても美味しそう」「ナイスウルク民などの声が寄せられた。

 真楠さんは冬のコミックマーケットにてFate/Grand Orderに関連したレシピと、キャラクターに合わせたショートストーリーを載せた同人レシピ本を出すそう。

人気キャラクター「セイバー」にちなんだレシピ

キャラクターに合わせたショートストーリー

屈指の愛されキャラ「巌窟王」の名前が冠された料理も

 

 全ページがカラー印刷の大作だ。通販での販売も予定されているそうなので、気になる方はチェックしてみてほしい。

※この記事のツイートは真楠ヨウ@子育て陰陽師/ウルクの民(@yomakusu)さんの許可を得て掲載しています。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事