2018年も終わりに近づき、年末の大掃除をしているご家庭も多いだろう。Twitterでは、仏壇に飾られている「仏器」がピカピカになっていく動画が話題だ。

 動画は「ふくいの文化財保護係」で福井県・朝日観音福通寺のみょうこう(@asahiji_myoko)さんの投稿。アルミホイルを敷いた熱湯の中に仏器を入れ、重曹とクエン酸を加えるとシュワシュワと泡立つ様子が見られる。みょうこうさんによると、このシュワシュワの泡とともに仏具の汚れが落ちるのだという。

 実際、どれほどまできれいになるのかはこちらの投稿でわかる。新品と思えるくらいピカピカだ。

 投稿を見たTwitterユーザーからは「魔法みたい」「アクセサリーにも使えそう」といった反応が寄せられた。「仏器磨きファン」と見られる人からも反応があり、注目を集めているようだ。なお、シルバーアクセサリーの場合は重曹ではなく塩とアルミホイルがよいようで、方法についてはTogetterにあるこのまとめが詳しい。

 研磨剤などでゴシゴシこすって汚れを落とすよりはずっと手軽そう。仏器のくすみが気になっている人は人は試してみては。

※この記事のツイートはみょうこう(@asahiji_myoko)さんの許可をいただいて掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事