子どもはとても正直だ。そのことが顕著に表れた、Twitterユーザーのましろあみ(@makaami)さんのお子さんが書いたという作文を紹介したい。

 「カラオケのこと」という題名がつけられた作文の最後には、「おかあさんは、アイマスしかうたっていませんでした。」と書かれており、それを見たましろさんの心情を察することができる。

 ただ、ましろさんはオープンオタクであるため、そこまでダメージは大きくなかったようだ。

 このツイートに対しTwitterユーザーからは「子供の日記って怖いねぇ」「既にどれがアイマスの歌かわかるように調教済みとは凄い」などの反応が寄せられた。

 全国のパパママは、子どものどストレートさに負けずに強く生きてほしい。

※この記事のツイートはましろあみ(@makaami)さんの許可をいただいて掲載しました。
この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事