上のツイートがTwitter上で拡散されている。

 スーパーファミコンゲーム「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児」でのルール説明画面で、父親である野原ひろしが「失敗するとしんのすけの残りの人数が減るんだ」と恐ろしい一言を発する。

 おちゃらけながらも、子どもや家族を思う父親であるため、そのギャップがすごい…。

 あなたも、原作とゲームでキャラクターの違う人物を見つけたら、ツイートしてみては?

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!