コンピューターによる不正アクセスではないことを確認するのに使われる「文字認証」。セキュリティのためとはいえ、入力を面倒に思った人は少なくないだろう。

 現在Twitter上では、その文字認証で表示された文字が怖すぎると話題になっている。

 投稿者が発見したのは、おどろおどろしく書かれた「みつけて」の文字。通常は意味が通らない組み合わせを多く見るので、この表示はレアケースなのだろう。偶然とはいえ、非常に恐ろしい組み合わせだ。

 これに対して、Twitterユーザーから「にげて」「しんで」「うしろをみて」「たすけて」など怖い文字認証の目撃例が多く寄せられた。こんなことってある…?

 ランダムな組み合わせの文字が表示されるはずが、恐怖を感じる言葉が出てきたという今回の文字認証。何か起きてしまわないか、思わず辺りを見回したくなりそうだ…。

この記事が楽しめたらシェアしてねっ!

いま話題の記事